江戸時代の天才易者、真勢中州が編み出したとされる幻の占い本筮易、その真勢流の本筮易の秘伝を宗家、石井清龍に師事し会得。
四柱推命、西洋占星術、手相、人相など多数の占術においてその実力は折り紙付きです。
伊藤 瑛輔 の講座では著書では書けなかった内容で自身の経験談を交えわかりやすく説明した特別講座です。

☆基礎講座
基礎講座とは占術概要から占術を使えるようになるまでじっくり学べる講座動画です。
☆プロフィール
江戸時代の天才易者、真勢中州(ませちゅうしゅう)が古書を丹念に調べ上げて編み出したとされ、幻の占いとも言われている本筮易(ほんぜいえき)、その真勢流の本筮易の秘伝を宗家、石井清龍に師事し会得。
また、四柱推命、西洋占星術、手相、人相などの占術においても、その実力は折り紙付きで、著述はもとより、現在は経験に裏打ちされた技術と知識を伝授すべく、プロの占い師の人材育成にも注力している。
鑑定歴は19年と決して長くはないが、俳優やミュージシャンをはじめ、医師、弁護士、経営者など、すでに25000人以上の鑑定実績を誇っている。
18歳の頃に手相に興味を持ち、「自分でも気付かない自分」や周囲の人たちを知ること、その運命が映し出される魅力に引き込まれ、独自に手相の研究に没頭するようになったという。その後、安易な宿命論や開運論を廃した独自のスタイルを確立、絶対的に決まった未来などないこと、統計は統計に過ぎないことを踏まえ、目の前のクライアントのリアル(現実)に寄り添った的確な鑑定を信条としている。
☆著書
2004年 ズバリ的中! 手相占い―基本線の組み合わせでわかる「運勢&性格」30タイプ(日本文芸社)
2014年 絶対当たる! 手相占い (日本文芸社)
戻る